盗聴の脅威

現在は情報通信が目覚ましく発達し、誰もが必要な情報を、「いつ」「どんな場所」でも簡単に入手できます。
そんな情報社会の中で他人より優位な状況、もしくは貶めるため、盗聴・盗撮の脅威が身の回りに増加してきました。ここ数年日本では、盗聴器や盗撮カメラを扱う店も増え販売台数も増加の一途を辿って来ています。残念ながら今の日本では、そういった盗聴・盗撮行為が誰にでも簡単に行える状況になっています。今後、ますます盗聴器・盗撮カメラ発見の専門的能力の有るプロの盗聴器発見業者の必要性が高まっている要因にもなっているのが現状です。

  1. CASE.01

    企業間での致命的な情報搾取

    企業の場合は開発中の商品、販売戦略、社内人事等の情報をライバル会社や社内スパイに情報を秘密裏に密かに知られていた場合、相手に先手を打たれその損害は甚大です。競争相手企業や仕事上のライバルには常に注意が必要です。

  2. CASE.02

    プライバシーが脅かされ、平穏に過ごせない…

    個人の場合は個人情報やプライバシーが、知らないうちに外部へ流れ、見ず知らずの人物から電話が掛かってきたり、変な噂を流されたり、行動を先回りされ先手を打った行動を取られたり、脅迫に使われたりするケースがあります。

  3. CASE.03

    盗聴器、盗撮カメラの被害が急増加

    個人間の金銭トラブル、ご近所トラブル、裁判で係争中の相手、遺産相続でもめている親戚同士や夫婦間、恋人同士、ストーカーなど、情報収集の為に盗聴、盗撮行為が行われ、盗聴器、隠しカメラ等が仕掛けられ、使用される例が多くなっています。

お問い合わせ